成分を調べました

もっちりジェルの成分は?

 

 

「もっちりジェルってどんな成分が入っているの?」
「お肌に合わないとか、安全性とか、やっぱり心配!」

 

こうした声はもっちりジェルを本気で使って見たいから出てくる意見ですよね。
やはり継続して使い続けることを考えると、お手軽なことは当然で、あとは成分になるかと思います。

 

ここで紹介されている美容成分以外にもジェルとして成立させるためになくてはならない成分があるはずです。
ここではもっちりジェルの美容成分で効果が信頼できるようにし、さらに詳しく調べて安心できるようにしていきましょう。

 

もっちりジェルって本当に使い続けて安心できるのでしょうか?

 

 

成分一覧はこちら

 

 

はじめにもっちりジェルの成分についてわかっていることをまとめていきます。
それはもっちりジェルの謳い文句にあるように40種類の美容成分です。

 

そこがしっかりとしていなくては効果なんて見込めないですよね。
ここでは2段階に分かれて紹介がされていました。

 

 

一つは浸透カプセル成分です。

 

「ローヤルゼリー」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」の3種類については奥まで浸透できるように成分をぎゅっとカプセル化して配合をしています。

 

そしてもっちりジェルは他に37種類はそのカプセル化した成分を肌全体に浸透させる効果が期待できるのです。
もっちりジェルの美容成分も含めて全ての成分はこのようになっています。

 

水・ジメチコン・グリセリン・スクワラン・トリエチルヘキサノイン・ステアリン酸グリセリル(SE)・PEG−3ジメチコン・ステアリン酸・トリステアリン酸ソルビタン・ステアリン酸PEG−5・バチルアルコール・パルミチン酸・クエン酸Na・キサンタンガム・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・クエン酸・トコフェロール・ミリスチン酸・レシチン・BG・(トリメチルシリル加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー・エチドロン酸4Na・ハチミツ・温泉水・デキストリン・クチナシエキス・グルコシルセラミド・ベヘニルアルコール・ペンタステアリン酸ポリグリセリル−10・ヒアルロン酸Na・加水分解コラーゲン・加水分解ヒアルロン酸・グルコース・ローヤルゼリーエキス・ステアロイル乳酸Na・イソステアリン酸フィトステリル・加水分解酵母エキス・マグワ根皮エキス・オタネニンジンエキス・クズ根エキス・オランダガラシ葉/茎エキス・セラミド3・セラミド6U・ライム果汁・セイヨウオトギリソウエキス・オレンジ果汁・セイヨウキズタ葉/茎エキス ・ナツメ果実エキス・アルニカ花エキス・セイヨウトチノキ種子エキス・ハマメリス葉エキス・アロエベラ葉エキス・クチナシ果実エキス・クロレラエキス・シャクヤク根エキス・セラミド2・トウキ根エキス・ブクリョウエキス・ベニバナ花エキス・ボタンエキス・レモン果汁・セージ葉エキス・ゴボウ根エキス・サボンソウ葉エキス・ブドウ葉エキス・レモン果実エキス・グレープフルーツ果実エキス・サンザシエキス・リンゴ果実エキス・コメエキス・フェノキシエタノール

 

もっちりジェルならすべすべ肌になれるかも!?

 

 

もっちりジェルの魅力の一つはこの成分にもあります。
特に乾燥肌の人にとって使いやすいジェルって、なかなか見つからなんですよね。

 

すぐに乾燥してしまう人にとってはオールインワンって信頼ができなかったかもしれません。
しかし、もっちりジェルはそういった方にこそ使って欲しいと思い、開発がされました。

 

 

そのため本当にすべすべ肌を実感することができるかもしれないのです。

 

成分の一覧を見るだけでは分かりにくいかもしれませんが、もっちりジェルでは「合成香料不使用」「着色料不使用」「鉱物油不使用」「旧表示成分不使用」「パラベン不使用」「あるコース不使用」を掲げています。

 

さらに乾燥による小じわを目立たなくする評価試験済みでもあるのです。
アレルギーテストも行なっている信頼できる成分だから自信を持ってオススメができるのです。

 

もしあなたが乾燥肌と小じわのダブルの悩みがあるならば、もっちりジェル一つで解消できるかもしれません。
ここなら初回の価格は912円とお得に始めることができますよ。